HIROY’s diary

定年後の京都移住を計画中

定年京都移住2-56_日本史図録

在宅勤務で時間があるとき、山川出版社の詳説日本史図録を眺めていた。

教材とはいえ、絵図や写真が370頁もあって税込946円とお安い。

中学、高校と日本史に興味が無く、殆ど勉強していないので知識も断片的だが、図録はそれらを繋ぎ合わせてくれる。

昨秋明日香村を訪れた際、古墳時代飛鳥時代の知識不足がよく分かった。

少しでも勉強してから飛鳥宮跡周辺の遺跡、古墳、寺院を巡れば感動ひとしおだったろう、と後悔しきりだ。

近くの石神遺跡と水落遺跡など存在を知らずに見逃したスポットも多い。

巻頭特集の一つに「邪馬台国の有力候補地?」がある。

近年の研究では、3世紀前半の築造と推定される桜井市北部の纒向石塚古墳や箸墓古墳、ホケノ山古墳などの纒向遺跡を「倭」の中心地とする説が有力らしい。

この古墳群は奈良から畝傍方面に向かうJR桜井線(万葉まほろば線)の巻向駅周辺に広がり、三輪山裾野の「山の辺の道」や大神神社にも近いので、合わせて訪ねたい。

f:id:HIROY:20200518124640j:image