HIROY’s diary

定年後の京都移住を計画中

定年京都移住2-86_王座戦

10月14日王座戦第五局で永瀬拓矢王座が久保利明九段を下し、3勝2敗で初防衛を果たした。

先月豊島将之竜王叡王を奪われ、その前には棋聖と王位の挑戦者決定戦で藤井聡太二冠に敗れ、苦戦が続くなか王座を死守、タイトル通算3期で九段昇段も決めた。

信条は「将棋は才能ではなく努力」、高校を中退し1日15時間研究に没頭したストイックさから「軍曹」と呼ばれる。

川崎でラーメン店を営む父親の「他所から学ぶ姿勢」に影響を受け、10歳下の藤井との練習対局にも謙虚な態度で臨む。

来月22日の日本シリーズJTプロ公式戦決勝は豊島対永瀬、叡王戦の雪辱を果たす絶好の機会だ。

敗れた久保は45歳、A級13期、タイトル7期の強豪で、振り飛車党として知られる。

バランス重視の現代将棋では、手数を要する振り飛車は敬遠されがちだが、AIより自らの直感を信じる昔気質の棋士だ。

久保の他にも深浦康市木村一基行方尚史三浦弘行ら40代棋士の活躍が棋界を盛り上げる。

f:id:HIROY:20201012160303j:image

定年京都移住2-85_竜王戦

10月9日セルリアンタワー能楽堂竜王戦が始まり、第一局は豊島将之竜王が僅か52手で羽生善治九段に勝利した。

竜王は棋界最大のタイトルだが、羽生は19歳のとき初めて獲得し、48歳で敗れ無冠に落ちた縁がある。

50歳の羽生が七番勝負を制すれば、タイトル通算100期を達成する。

ポスターの謳い文句は「最強の証明か、伝説の誕生か」だ。

二人のタイトル戦は2年前の棋聖戦以来で、その時は20歳下の挑戦者が勝った。

豊島はその勢いで、菅井竜也八段から王位を、佐藤天彦九段から名人を、広瀬章人八段から竜王を奪取したが、棋聖と名人は渡辺明三冠に、王位は木村一基九段に奪われ、過去一度も防衛を果たしていない。

タイトルは取ることより守る方が難しいと言われるが、今回初の防衛なるか注目される。

豊島は名人を失ったあと、永瀬拓矢王座から叡王を獲得した。

並行する王将挑戦者決定リーグでは、二人とも藤井聡太二冠を破り調子は上々、豊島は対藤井6連勝と圧倒し竜王の貫禄を見せた。

f:id:HIROY:20201009163312j:image

定年京都移住2-84_房総サイクリング

7、8年前になるが、養老渓谷南房総の素朴な風景が好きで、よくビアンキミニベロを輪行袋に収め出掛けた。

アクセスは、横浜からバスで東京湾アクアラインを越え、小湊鐵道久留里線に乗り継いだり、久里浜港よりフェリーで金谷港に渡って、内房線の浜金谷から千歳まで輪行した。

日帰りでも、小湊鐵道東京湾フェリーは旅の気分を盛り上げてくれる。

道の駅も多く、太平洋側の「ローズマリー公園」から海沿いに「ちくら潮風王国」、房総半島最南端の野島埼灯台、白浜フラワーパークを過ぎ、房総フラワーラインに入ると「南房パラダイス」がある。

沿道には季節の花々やフェニックスが植わり南国の雰囲気だ。

伊豆大島を眺めながら平砂浦ビーチを進むと東京湾の入り口洲崎灯台、さらに館山湾沿いに走り「渚の駅たてやま」に着く。

房総は意外と温泉も多く、布良の不老山薬師温泉に一人泊まったことがある。

高台の宿から洞窟を抜けて風呂へ向かう奇妙な構造に驚いたが、疲れた身体に茶褐色の湯が心地よかった。

f:id:HIROY:20201005212347j:image

f:id:HIROY:20201005230733j:image

f:id:HIROY:20201005231027j:image

f:id:HIROY:20201005143839j:image
f:id:HIROY:20201005143835j:image

定年京都移住2-83_大島サイクリング

7月のNHKブラタモリ伊豆大島を取り上げていた。

8年前の秋にダホンスムースハウンドで走った風景を思い出す。

伊豆諸島のサイクリングは、高校生の時にベニックスランドナー八丈島を一周して以来だった。

その時は竹芝桟橋から夜行の大型客船で向かったが、大島へは久里浜港から高速ジェット船で1時間と近い。

元町港でダホンを組み立て、まずサンセットパームラインを北に向かう。

泉浜、万立浜、野田浜と海辺の景色を楽しみ、また元町へ戻って三原山に続く御神火スカイラインの高低差500mをひたすら登る。

眺望の素晴らしいパノラマ道路だが、翌年台風26号の大規模土砂災害により地盤ごと崩落してしまった。

そのニュース映像を信じられない思いで見たことを覚えている。

宿泊は外輪山にある大島温泉ホテル、古い建物だが露天風呂の眼前に広がる樹海と内輪山が雄大だった。

翌日は雨脚が強くなり、残念ながら40kmの島一周を諦めた。

積み残した南側半周を椿の季節に走りたい。

f:id:HIROY:20200728105127j:image
f:id:HIROY:20200728105121j:image
f:id:HIROY:20200728105137j:image
f:id:HIROY:20200728105132j:image
f:id:HIROY:20200728105117j:image
f:id:HIROY:20200728104813j:image

f:id:HIROY:20200728104829j:image

定年京都移住2-82_しまなみ海道

今秋もNHKBSの火野正平「こころ旅」が四国を目指して道東をスタート、10年続くがお元気そうだ。

四国といえば、5年前の夏に走った「しまなみ海道」を思い出す。

輪行袋に収めたジャイアンエスケープを機内荷物に預け、広島空港からバスで三原駅へ、山陽本線に乗り継ぎ尾道へ向かい、駅前で組み立てた。

だいぶ時間と手間が掛かったが、京都からだとのぞみ号福山経由で2時間弱、移住したらまた瀬戸内の島々を巡りたい。

尾道はレトロな趣きのある街で、千光寺山からの眺望が素晴らしく、お好み焼きも美味しい。

翌朝6時始発の渡船で対岸の向島に渡り、愛媛県今治まで80kmのしまなみサイクリングが始まる。

因島、生名島、生口島大三島伯方島、大島と走り、ラストの来島海峡大橋を渡る頃には夕暮れになっていた。

今治駅から予讃線輪行し、1時間余りで松山に到着、駅前で組み立てた。

翌日は松山城道後温泉を回り、夕方に松山空港から帰京する中身の濃い2泊3日だった。

f:id:HIROY:20200726234859j:image
f:id:HIROY:20200726234854j:image

f:id:HIROY:20200727073115j:image

f:id:HIROY:20201008134702j:image
f:id:HIROY:20201008134657j:image

定年京都移住2-81_王将戦

渡辺明王将への挑戦者決定リーグが9月22日始まった。

全員がタイトル経験者、順に広瀬章人八段、豊島将之竜王叡王、藤井棋聖・王位、羽生善治九段、永瀬拓矢王座、木村一基九段、佐藤天彦九段の総当たりだ。

昨年、藤井は勝てば挑戦権獲得、という対局で広瀬に敗れている。

開幕局は羽生戦、19日に丸山忠久九段を破り、竜王挑戦者となったレジェンドに初黒星を喫してしまった。

次局は未だ勝ったことのない豊島戦、21日に永瀬から叡王を奪取し調子を上げている。

高校生三冠への道のりは険しい。

迎え討つ渡辺は、先月豊島から念願の名人を獲得し、棋王と合わせ三冠に復活した。

初の将棋特集を組んだNumber誌の記事「敗北の夜を越えて」の中で決意を述べている。

棋聖戦のときは情報が無かったが、対局して分かったこともある、次回は普通に戦いたい、と自信を見せた。

王位戦で敗れた木村の記事「受け師は何度でも蘇る」もあった。

百折不撓を座右の銘とする中年の星、捲土重来を期待したい。

f:id:HIROY:20200904211442j:image

定年京都移住2-80_モモ

8月のNHK100分de名著はミヒャエル・エンデ著「モモ」、京都大学河合俊雄教授が解説した。

著者は1929年生まれのドイツ人、南イタリア移住後の73年に「モモ」を、79年に「はてしない物語」を執筆した。

東京、京都などにも滞在し、日本人の翻訳者と再婚している。

河合教授は1957年生まれの臨床心理学者、父は箱庭療法を広めた隼雄氏である。

娘たちが小学生の頃、児童文学の名作といわれるオレンジ色のハードカバーを求め、自分も面白く読んだ記憶がある。

時間泥棒の「灰色の男たち」から女の子モモが時間を取り返すファンタジーだが、「時間貯蓄銀行」など奥の深い物語だと感じた。

テキスト目次は、①モモは心の中にいる!②時間を奪う「灰色の男たち」③時間とは「いのち」である ④「受動」から「能動」へ、となる。

風変わりなモモの態度、行動を臨床心理学の視点で読み解くのだが、本当の豊かさ、幸福、時間とは何かを改めて考えさせられる。

f:id:HIROY:20200723115821j:image