HIROY’s diary

定年後の京都移住を計画中

定年京都移住61_仏教と仏像

日本仏教には13の宗派があり、分類すると、奈良仏教系の法相宗華厳宗律宗密教系の天台宗真言宗、浄土系の融通念佛宗、浄土宗、浄土真宗時宗、禅系の臨済宗曹洞宗黄檗宗、そして日蓮宗だ。

京都に所在する大本山天台宗延暦寺、浄土宗知恩院浄土真宗本願寺派西本願寺大谷派東本願寺臨済宗妙心寺派大徳寺派東福寺派相国寺派建仁寺派天龍寺派南禅寺派黄檗宗萬福寺のうち、宇治の萬福寺にはまだ参詣していない。

宗派によりご本尊も異なるが、決まりはなく、大日如来像は真言宗、釈迦如来曹洞宗天台宗阿弥陀如来は浄土宗、天台宗真言宗薬師如来天台宗真言宗に多いらしい。

日本で一番多くまつられている仏像は阿弥陀如来ということだ。

阿弥陀如来がおさめる極楽浄土に至るには九つの段階があるとされ、木津川市浄瑠璃寺にはそれを現す九体阿弥陀如来坐像が安置される。 

本堂に横一列に並んだ寄木造りの国宝仏は壮観で、ぜひ参拝したい。

定年京都移住60_仏像拝観手引

数年前になるが、NHK趣味Do楽で仏像拝観の回があった。

彫刻家の薮内先生によると、仏像は見るものではなく、拝むものだから長く大切に伝えられてきた、のであるが、博物館や美術館の展覧会は盛況でも、多くの来館者は仏像の前で手を合わせるでもなく、頭を垂れるわけでもない、と指摘する。

仏像は長い間の人々の思いが籠められたもの、ともあり、反省しきりだ。

他方、京都国立博物館の淺湫室長によると、解説パネルより先にまずお像を見る、正面からだけでなく、いろいろな角度から眺めて、自分が何を感じたかを大切にする、そしてたくさん見ていくうちに自分の鑑賞のものさしが決まり、リラックスして仏像と向き合える、とあり、少し気が楽になった。

仏像の本は何冊か読んだが、恥ずかしながら、誠文堂新光社「マンガでわかる仏像」が良かった。

マンガ系ではグレゴリ青山著「深ぼり京都さんぽ」も面白く為になった。

有難い気持ちを持って、仏像経験を積みたいと思う。

 

 

 

 

 

 

定年京都移住59_京都美仏

枻出版社の仏像本シリーズの一冊「京都傑作美仏大全」には、天皇家や平安貴族ゆかりの仏像が紹介されている。

同じく数年前に発行された「仏像探訪〜奈良至宝の仏像めぐり」では、飛鳥、白鳳、天平の古代から伝わる銅像や塑像、乾漆造りの像が多い。

京都の仏像は、平安から鎌倉時代の木像が中心となり、一木造から大仏師定朝が集大成した寄木造りへ、そして運慶、快慶ら慶派仏師に繋がっていく。

御室仁和寺の国宝阿弥陀如来三尊像や、清凉寺の同阿弥陀三尊像は平安前期に造像された檜の一木造である。

定朝の代表作である平等院の国宝阿弥陀如来坐像や、三千院の同阿弥陀三尊像は平安後期、檜の寄木造りになる。

御寺泉涌寺の三世仏は鎌倉時代の運慶作と伝わり、釈迦如来阿弥陀如来弥勒如来はそれぞれ過去世、現世、来世の教主を表すとされる。

泉涌寺塔頭戒光寺の釈迦如来立像は運慶と湛慶父子の作と伝えられ、参詣した際、台座から光背まで約10mに及ぶ巨大さに驚いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

定年京都移住58_婦人画報

婦人画報は1905年創刊の老舗で、全くご縁のない月刊誌だが、年に何回か京都特集があるので買ってみた。

ターゲットはハイエンドご婦人層なので、上品な高級店の紹介が多いが、宿泊のページに仁和寺境内の「松林庵」があり、一晩素泊り100万円には驚いた。

松本隆さんが数年前、京都に移住した記事を興味深く読んだ。

二十歳の頃から「はっぴいえんど」のドラムで活躍したそうだが、名前を知ったのは、太田裕美の一連の曲の作詞家としてだ。

木綿のハンカチーフ」が大ヒットした70年代中盤は中学生から高校生の多感な時で、特に中3の頃は受験勉強と称し毎晩セイヤングやオールナイトニッポンを聞いた。

はっぴいえんどは解散していたが、深夜に「風をあつめて」を聴き、曲細野晴臣、詞松本隆のファンになった。

行きつけの本屋やバー、好きな散歩コースなど紹介したあと、「〜そしてふと自分の立ってるこの場所がぼくの終の棲家なんだと理解する」と綴った。

定年京都移住57_ランドネ

枻出版社のランドネ誌は女性向けのアウトドア雑誌だが、昨年「古都ハイキング」の特集で「京都一周トレイル」を取り上げていた。

京都の魅力は、寺社巡りや街歩き、グルメばかりでなく、自然を満喫するトレッキングが手軽に楽しめることだ。

周りを山で囲まれているので、縁に向かえば自然と山道になる。

今まで伏見稲荷四ツ辻、鞍馬寺から貴船神社奥宮、高雄三尾など巡った。

高山寺西明寺神護寺を参詣したあと清滝川沿いに、錦雲渓の紅葉を眺めながら嵯峨鳥居本まで、少々疲れたが気持ちの良い渓谷コースだった。

これから訪れたい先に大文字山がある。

蹴上駅をスタート、日向大神宮から奥へ進むと「京都一周トレイル」の登山道に入り、山頂(465m)を経て火床に到着する。

上りは約2時間掛かるが、下りは銀閣寺まで僅か20分だ。

KBS京都「あんぎゃでござる」の中で、森脇健児さんが銀閣寺側から上っていたが、大文字送り火の火床から望む景色は雄大で清々しい。

 

 

 

 

 

定年京都移住56_&Kyoto

マガジンハウスが発行するアンドプレミアム誌の特別編集、京都街歩きガイド「&Kyoto」の3冊目が最近発売された。

約2年おきの発行だが、今回はA4版に拡大され、別冊「&Moss」苔を巡る旅へ、も付いてお得だ。

1冊目は18のエリア毎、2冊目は18のテーマ毎、3冊目はエリアとテーマ混在の27項目の案内本だ。

どれも「京都さんぽ部」部長の大和まこさんの記事と写真、江夏潤一さんのイラストと地図、堀部篤史さんのコラムなどで構成される。

大和さんは京都ライター歴21年、生活に密着した新鮮な情報が魅力だ。

江夏さんのイラストも綺麗な色使いで味わいがあるし、恵文社一乗寺店元店長の対談コラムも興味深い。

とても読み応えのある秀逸な京都ガイドになっている。

今号は「朝のさんぽ」がテーマの一つだ。

京都の街歩きは人の少ない早朝がベストで、人気店のモーニングもゆっくり味わえる。

アラビカ京都東山やレン京都河原町は8時開店なので、散歩コースにぜひ取り入れたい。

定年京都移住55_京都ムック

京阪神エルマガジン社が発行する京都ムック本を楽しみにしている。

最近では「寺と神社を遊ぶ京都本」を読んだ。

毎年3冊位発売され、どれも内容が濃くて役に立つ。

その中でも「ひとりで歩く京都本」はシリーズ化している。

東京の出版社の観光ガイド本は、毎年定番の繰り返しで内容が似通っている。

エルマガジン社の京都本は、地図上に過去取り上げた店名が残り、情報が積み上がっていくのが強みだ。

お店はエリアの地図から探すと便利だが、その本に記事があれば赤字、以前の掲載は黒字なので検索し易い。

「ひとりで歩く」シリーズは3冊持っていて、難易度が高い「ひとりで晩ごはん」の店情報を頼りにしている。

カウンターで一杯飲みながら、に憧れるが、おばんざいは美味しいし、値段も比較的お手頃なのかもしれない。

木屋町めなみ、西木屋町通りのうすい、きみや、ふじ井、先斗町のたばこや、ますだ、西院のわらじ亭など、おばんざいカウンターにトライしたい。