HIROY’s diary

定年後の京都移住を計画中

定年京都移住2-85_竜王戦

10月9日セルリアンタワー能楽堂竜王戦が始まり、第一局は豊島将之竜王が僅か52手で羽生善治九段に勝利した。

竜王は棋界最大のタイトルだが、羽生は19歳のとき初めて獲得し、48歳で敗れ無冠に落ちた縁がある。

50歳の羽生が七番勝負を制すれば、タイトル通算100期を達成する。

ポスターの謳い文句は「最強の証明か、伝説の誕生か」だ。

二人のタイトル戦は2年前の棋聖戦以来で、その時は20歳下の挑戦者が勝った。

豊島はその勢いで、菅井竜也八段から王位を、佐藤天彦九段から名人を、広瀬章人八段から竜王を奪取したが、棋聖と名人は渡辺明三冠に、王位は木村一基九段に奪われ、過去一度も防衛を果たしていない。

タイトルは取ることより守る方が難しいと言われるが、今回初の防衛なるか注目される。

豊島は名人を失ったあと、永瀬拓矢王座から叡王を獲得した。

並行する王将挑戦者決定リーグでは、二人とも藤井聡太二冠を破り調子は上々、豊島は対藤井6連勝と圧倒し竜王の貫禄を見せた。

f:id:HIROY:20201024105658j:image