HIROY’s diary

定年後の京都移住を計画中

定年京都移住2-69_田舎暮らし

宝島社の月刊「田舎暮らしの本」が好きでたまに眺める。

8月号の特集は「海の近くの300万円以下の家」北海道から鹿児島まで海へ車で20分以内の家大集合!だ。

以前買った号は温泉物件特集だった。

村社会に馴染むのは難しそうだが、地方の売り家情報を眺めながらその土地での生活を想像するのは楽しい。

その点ではテレビ朝日の「人生の楽園」も好きな番組だ。

広い菜園付きの物件もあり、晴耕雨読、自給自足、のワードが頭をよぎるが、すぐに貸し農園での体験を思い出す。

10数年前、住んでいたニュータウン内に10㎡ ほどの畑を借りたものの、毎週末のメンテナンスや夏場の雑草取りがキツくて3年程で返してしまった。

ジャガイモ、サツマイモ、ダイコン、ニンジン、タマネギ、ナス、キュウリ、ホウレンソウ、コマツナなどの収穫に感動したが、苗や肥料等の投下コストもそれなりに掛かり勉強にはなった。

最近はコロナ禍から別荘地の引き合いが増えているそうで、地方経済に良いことには違いない。

f:id:HIROY:20200717194353j:image

f:id:HIROY:20200717194403j:image