HIROY’s diary

定年後の京都移住を計画中

定年京都移住2-66_タイトル戦

コロナの影響で、7月の将棋タイトル戦が過密日程になっている。

1日から王位戦が始まり、藤井聡太七段が木村一基王位にまず勝利した。

第二局は13〜14日、七番勝負で先は長いが、タイトル奪取を予感させる。

5日は叡王戦豊島将之名人が永瀬拓矢叡王に先勝して迎えた第二局は、222手持将棋引き分け、後日指し直しになった。

七番勝負は19、23日と続く。

9日は棋聖戦第三局、渡辺明棋聖が初めて勝利したが、16、21日の対局に藤井の最年少タイトル記録が掛かる。

27〜28日は名人戦第四局、豊島は渡辺に初戦を落とすも連勝し、初防衛に向け正念場を迎える。

最近ニワカ「観る将」になり棋戦を追っていると、17歳高校生の異次元の指し回しに感動する。

プロ棋士は皆個性的で経歴も様々だが、話題のもう一人折田翔吾四段は、年齢制限で奨励会退会後にユーチューバーから今年2月プロ編入試験を突破、30歳で念願の棋士生活をスタートさせた。

今年度成績は0勝1敗、早く初勝利を観たい。

f:id:HIROY:20200705134246j:image