HIROY’s diary

定年後の京都移住を計画中

定年京都移住2-45_羽生九段

将棋繋がりで、文春文庫の「羽生善治  闘う頭脳」を読んだ。

今年50歳、15歳にしてプロ四段、19歳で竜王位獲得、25歳で七冠達成、タイトル通算99期は歴代1位、無冠となった今も棋界のカリスマ的リーダーだ。

本書は羽生の思考力、発想力、人間力などに焦点を当て、インタビューや過去の記事からその強さを読み解く。

棋士を目指すきっかけは8歳年長の谷川浩司九段だという。

光速の寄せと賞賛され、詰めまで読み切る力が突出していた谷川の「横歩取り4五角戦法」を小学生のとき真似たそうだ。

羽生は谷川を天才というが、七冠達成の相手はその谷川王将だった。

日本将棋連盟の会長は羽生の師匠である二上達也のあと、中原誠米長邦雄谷川浩司佐藤康光が務める。

京都出身の佐藤九段は羽生の一歳上で名人位2期、二人は島朗九段の研究会で十代から切磋琢磨した仲だ。

島研には小学生からのライバル森内俊之九段や森下卓九段もいて、そのメンバーで多くのタイトル戦を闘うことになる。

f:id:HIROY:20200416215309j:image