HIROY’s diary

定年後の京都移住を計画中

寺社・仏像・仏教・禅

定年京都移住2-55_超訳般若心経

三笠書房知的生きかた文庫の境野勝悟著「超訳 般若心経 すべての悩みが小さく見えてくる」を読んだ。 般若心経は僅か262文字、その要点は前文の「観自在菩薩」から「土一切苦厄」までの25字にあるという。 特に「照見五蘊(ごうん)皆空」、超訳では「…

定年京都移住2-54_超訳菜根譚

三笠書房知的生きかた文庫の境野勝悟著「超訳 菜根譚 人生はけっして難しくない」を読んだ。 著者は栄光学園で長く国語科の教鞭を取った。 菜根譚の菜は野菜、根は大根、譚はお話のこと、中国明代末期に洪自誠が儒教、道教、仏教の教えを融合してまとめた処…

定年京都移住2-42_禅の言葉

三笠書房知的生きかた文庫の境野勝悟著「道元 禅の言葉」を読んだ。 著者は今年米寿の東洋思想研究家、駒澤大学大学院で禅学を修めた。 曹洞宗は道元を宗祖とし、寺院数約15千、臨済黄檗十五派の二倍の規模だ。 道元は臨済宗開祖栄西の歩んだ道を追って入…

定年京都移住2-41_ブッダの教え

NHK出版 学びのきほんシリーズ 藤田一照著「ブッダが教える愉快な生き方」を読んだ。 著者は東大大学院を中退して禅道場に入山得度、長くアメリカで座禅指導に従事した後、曹洞宗国際センター所長を務めた。 テーマは、仏教は難しい教えではなく、その学…

定年京都移住2-35_宿坊

以前から宿坊に興味がある。 大抵は寺で朝の勤行に参加したり、座禅、写経などして、精進料理をいただくイメージだ。 ぴあMOOK「修行体験 & 宿坊」を読むと、修行の種類が多いことに驚く。 阿字観、護摩行、読経、瞑想、内観、断食、滝行、山駆け、尼僧、巫…

定年京都移住2-22_禅寺アプリ

禅文化研究所の「京都禅寺巡り」アプリをたまに眺める。 臨済宗と黄檗宗約70ヶ寺の拝観情報や歴史解説、難解なクイズもあり勉強になる。 毎月禅語の紹介やご住職の法話が数回掲載されるが、ラグビーワールドカップのような旬の話題もあり意外と身近に感じ…

定年京都移住2-13_神田明神

趣味どきっ!「ニッポン神社めぐり」の第4回「出世」の神様は日枝神社、第7回「健康」では神田神社を取り上げていた。 それぞれ江戸城の裏鬼門と表鬼門に当たる。 この都心の社は比較的身近で度々参詣している。 永田町の日枝神社は、昨年11月に訪れた近…

定年京都移住2-12_阿蘇神社

趣味どきっ!「ニッポン神社めぐり」の第6回「安全」の神様は常陸国一之宮鹿島神宮を取り上げていた。 テキスト表紙を飾る水上鳥居は鹿島神宮参拝の玄関口にあたる。 広大な境内には鹿園があり、神使の鹿として春日大社に招かれたという。 テキストには下総…

定年京都移住2-11_都七福神

趣味どき!「ニッポン神社めぐり」の第5回は「商売繁盛」の神として日本橋七福神を取り上げていた。 このうち水天宮には30年程前、安産祈願にお参りしたことがある。 都心に七つの神社が集まっているのでぜひ巡拝したい。 福をもたらす七福神信仰は室町末…

定年京都移住2-10_神社めぐり

12月からNHK趣味どきっ!「幸せ運ぶ!ニッポン神社めぐり」を楽しみにしている。 第1回は近江国一之宮建部大社、第2回は京都の地主神社と安井金比羅宮を取り上げていた。 建部大社は日本三名橋と謳われた瀬田の唐橋を渡った先にある。 ヤマトタケルを…

定年京都移住2-9_空海と曼荼羅

昨年のDiscover Japan誌に「はじめての空海と曼荼羅」の特集があった。 空海は804年31歳の時に遣唐使船で唐に渡り、密教の根本道場で阿闍梨位を継承、布教のため経典や仏像、曼荼羅などを持ち帰った。 43歳で真言密教の本拠地として高野…

定年京都移住2-8_川崎大師

初詣は川崎大師平間寺に電車で出掛けた。 大師には対岸の羽田国際線ターミナルと合わせて自転車で度々訪れている。 昨年の正月もクロスバイクで向かったのだが、多摩川サイクリングロードを走行中、不覚にも対向車と接触、落車したため叶わなかった。 今年は…

定年京都移住2-7_法華経

昨年11月のNHK100分de名著のテーマは「法華経」、仏教思想研究家の植木雅俊氏が解説した。 アンコール放送なので司会が島津有理子さん、この番組で取り上げた神谷美恵子著「生きがいについて」を契機にNHKを退職し、昔目指した医師の道にチャレ…

定年京都移住2-6_般若経

100分de名著「集中講義 大乗仏教」によると、釈迦の仏教と大乗仏教の教義は異なるが、後者にも様々な経典がある。 同じ仏教なのにどうして教えが違うのか、が二つめのテーマだ。 数ある大乗経典の中で、紀元前後に編纂された般若経が最古と言われる。 …

定年京都移住2-5_大乗仏教

NHK別冊100分de名著「集中講義 大乗仏教 」を読んだ。 著者は原始仏教の研究者で花園大学教授の佐々木閑氏、釈迦の説いた自己鍛錬の教えが、どのようにして衆生救済の大乗仏教に変容したか、がテーマである。 釈迦の仏教は、サンガと呼ばれる修行者…

定年京都移住2-4_写経本

京都でも鎌倉でも、参拝者が写経をされている様子を時々拝見する。 以前から興味はあるのだが、敷居が高いのと時間が掛かることを言い訳に体験できていない。 そこで参考書として、枻出版社「えんぴつで書く1日1行般若心経練習帳」を入手した。 声に出して…

定年京都移住1-76_聖護院

先月初めて左京区の聖護院門跡を訪れた。 通常は予約拝観だが、今秋は特別拝観が設定され、約1時間じっくり説明を伺いながら参拝した。 修験道、山伏の総本山でありながら、天明の大火の折には光格天皇の仮御所ともなった門跡の二面性に興味があった。 狩野…

定年京都移住1-68_仏像の秘密

枻出版社から「仏像100のひみつ」が発行された。 同社は仏像関係のムック本に力を入れているが、もとはオートバイやアウトドア、スポーツ系が主だった。 若い頃は自転車雑誌を、港北ニュータウンで子育てしていた時分にはエリアガイド誌の「田園都市生活…

定年京都移住1-67_願成就院

仏像図鑑を読むと、大仏師運慶は、奈良仏師集団慶派の頭領康慶の息子で、快慶は康慶の弟子ということだ。 平家による南都焼き討ちの復興事業の中で、東大寺南大門の金剛力士像、阿形吽形は運慶と快慶によるヒノキ寄木造りの国宝仏である。 慶派のたくましさ…

定年京都移住1-66_仏像図鑑

誠文堂新光社の三宅久雄監修「みるみるつながる仏像図鑑」が発行された。 以前読んだ同社「マンガでわかる仏像」の続編にあたり、永田ゆきさんのイラスト、ほとちゃんのガイドも同じ構成だ。 仏画は難易度が高く、みうらじゅんさんも阿修羅の眉間にしわの寄…

定年京都移住1-65_大和四寺

今夏の東博特別企画展「奈良大和四寺のみほとけ」に行った。 大和四寺は高市郡明日香村の岡寺、宇陀市の室生寺、桜井市の長谷寺と安倍文殊院のいずれも7〜8世紀に創建された古刹で、四寺巡礼共通拝観券も売られている。 個性的な仏像が多い中、図録の表紙…

定年京都移住1-64_禅づら

実業之日本社の清水さとし著「京都通になる100の雑学」を読んだ。 その中に禅風の特徴を表す「禅づら」の項がある。 京都五山別格の南禅寺は「武家づら」、第一位の天龍寺と第三位の建仁寺は「学問づら」、第ニ位の相国寺は「声明づら」、第四位の東福寺…

定年京都移住1-63_歎異抄

2年前になるが、NHK100分de名著で「歎異抄」の回があった。 親鸞聖人の弟子唯円による700年以上前の書物だが、歎異は「異義を歎く」という意味で、師の教えの真意を伝える目的で書かれたものだ。 相愛大学の釈徹宗先生が分かりやすく、他力と自…

定年京都移住1-62_禅的生活

日本の禅宗は臨済宗、曹洞宗、黄檗宗の3宗派からなる。 臨済宗には14派あり、五山派系7派と林下系7派に分けられる。 京都五山に加え、鎌倉五山の建長寺派と円覚寺派が五山派で、林下は京都の妙心寺派、大徳寺派、富山の国泰寺派、滋賀の永源寺派、山梨…

定年京都移住1-61_仏像と仏教

宝島社「知っておきたい仏像と仏教」を読むと日本仏教には13の宗派がある。 分類すると奈良仏教系の法相宗、華厳宗、律宗、密教系の天台宗、真言宗、浄土系の融通念佛宗、浄土宗、浄土真宗、時宗、法華系の日蓮宗、禅系の臨済宗、曹洞宗、黄檗宗になる。 …

定年京都移住1-60_拝観手引

数年前になるが、NHK趣味Do楽で仏像拝観手引の回があった。 彫刻家で東京藝術大学大学院教授の薮内先生によると、仏像は見るものではなく、拝むものだから長く大切に伝えられてきたのであるが、博物館や美術館の展覧会は盛況でも、多くの来館者は仏像の…

定年京都移住1-59_美仏大全

枻出版社の仏像本シリーズの一冊「京都傑作美仏大全」には天皇家や平安貴族ゆかりの仏像が紹介されている。 同じく数年前に発行された「仏像探訪〜奈良至宝の仏像めぐり」では、飛鳥、白鳳、天平の古代から伝わる銅像や塑像、乾漆造りの像が多い。 京都の仏…

定年京都移住1-34_深大寺

国宝彫刻物136件の内、関西圏以外には僅か7件、東京に2件、岩手、福島、神奈川、静岡、大分に各1件あるのみだ。 高徳院の銅像阿弥陀如来坐像、通称鎌倉大仏は有名だが、県内にこの1件だけとは知らなかった。 奈良と京都にいかに集中しているか、歴史…

定年京都移住1-33_国宝第1号

庭の京都、仏像の奈良、とよく聞く。 日本には国宝指定を受けた彫刻物が136件、その内75件が奈良、39件が京都にあるそうだ。 太秦広隆寺の弥勒菩薩半跏像(宝冠弥勒)は、京都最古の寺の国宝第1号として有名だ。 片足を膝にのせ、片手を頬に当てて、…

定年京都移住1-23_鎌倉五山

京都市は面積830平方km、人口150万の大都市だが、鎌倉市は40平方km、17万人なので規模は比較にならない。 市内を走るJRの駅は大船、北鎌倉、鎌倉の3駅だけ、他に江ノ電と湘南モノレールがあるが何れも単線だ。 同じ古都といっても鎌倉はコ…